日焼けすると色が取れづらいため、いつも日傘をさしたり日焼け止めを塗ったりしている

悩みは昔から感じていて、夏になると黒くなるのが嫌だった。その中で、普段から日焼け止めを塗ることで少しは、色が抑えられるのではないかというところから始まった。ただ日焼け止めを塗るだけでは効果がないため、何度か塗り直したり外に出る時は基本的に、日傘をさしたりして直接日光に当たらない工夫をして過ごしたりしている。 黒くなるという悩みは、普段から紫外線をあたりにくくすることで和らげることができると考えている。そのために、日焼け止め塗ることは欠かせないと思う。長袖長ズボンなどを着用することで、より一層対策ができると思うが、実際着用したら暑くて熱中症になりそうだったので、現在は日焼け止めと日傘のみをして対策をしている。 飲む日焼け止めは以前から、巷では話題だったので気にはなっていた。しかし、実際身近に飲んでいる人はいなかったため少し抵抗があった。私が飲んだ感想としては、あまり目に見えて効果が得られたという実感が湧かなかったため、使用を1ヶ月ほどでやめてしまった。果たして飲むだけで内側から効果があるのか、未だに疑問である。

コメントは受け付けていません。