高校水泳部、日焼け止め禁止でも最小限に日焼けを抑える!

高校で水泳部に入部し、1年生の時は何も考えずに部活をしていたらゴーグル焼け、水着焼けが酷く、身体中が痛いため毎日お風呂は冷水のシャワーで過ごしていました。そこで2年生になったら全力で日焼け対策をすると決め、思いつくこと全てをしました。日焼け止めを塗るのが禁止だったので全く焼けないことは出来ませんが、日々の体の痛みやゴーグル焼けもせずに済みました。

わたしが焼けたと思った日(夏は毎日ですが)は以下のことをしていました。

1.日焼けした直後に日焼け後に塗るジェル状ものを塗り体を冷やします。ドラッグストアで数種類売っています。

2.お風呂には浸からず、シャワーでもできるだけ冷たい温度で浴びます。頭皮も焼けている場合は散髪時も寒くならない程度の冷水で浴びます。

3.お風呂上がりにカーマインローションを身体中に塗ります。乾燥することもあるのでその際は体に化粧水を塗り保湿していました。

4.顔は美白用のパックを使用していました。基礎化粧品も高くないものですが美白に特化したものを選んでいました。本当にひどい日は熱が出ることもあるので冷えピタで体を覚ますこともありました。

飲む日焼け止めについては知っていましたが試したことはありません。まだ周りで飲んでいる人を聞いたことがないのと、なる日焼け止めの方が日焼け防止をしている実感があるので本当に効くのかと、体に悪くないのかが不安で試していませんでした。もう少し使用者が増えるか、自分が安心できると思うメーカーから出されていたら試してみたいと思っています。

コメントは受け付けていません。